専修大学附属高等学校
HOME > 進路情報 > 高大連携
高大連携
 高大連携によって高校と大学の教育の接続が計られ、高大7年間を見据えた教育が企画されております。
かつ、受験勉強に縛られない自由な教育を通じて、大学での勉強への適性を養い、専修大学の核となるべき生徒を大学に送り出すことを目標としております。

 各種高大連携プログラムについてご紹介致します。
進路選択プログラム
専修大学の各学部、学科、専攻の教育方針やカリキュラムの内容も含め、学年に応じた進路選択のためのプログラムがあります。
教育交流プログラム
受験勉強に縛られない自由な教育を通じて、将来、入学した際、学生の核となるべき生徒を大学と高校が連携して育成していく一貫教育プログラムが提供されています。
保護者に対するプログラム
保護者の方々に、専修大学をよく理解し、信頼頂くことが大切です。そこで、大学および、各学部、学科、専攻の教育方針や大学の様々な情報を提供しております。
専修大学の設備の利用
学校行事で大学施設を利用する他、図書館の利用、また部活動合宿や数学合宿では大学のセミナーハウスの利用が可能です。また、法廷教室をお借りして模擬裁判体験を実施しています。
大学の施設に関しましては専修大学のホームページをご参照下さい。
成績優秀者特待生制度
高校3年間の評定平均値4.5以上の生徒の中から特別に選抜された者に与えられる特権です。それは、大学1・2年在学中に年間の授業料の半額分が支給されるという制度です。